特定の時期が来たらお世話になった人へお中元を贈るという風習は、

今日においても幅広く行われています。

ですが、そのしきたりは学校や家庭において、必ずしも教えてもらえるわけではなく、

その詳細を知らないまま大人になってしまい、

いざお中元を贈らなければならない立場になった際に、

何を、いつ、どのように贈ればよいか分からず困ってしまうことも少なくありません。

ここではお中元に関する基本的なことと。

おすすめの定番ギフトをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「お中元とは?」

お中元は、道教の風習である三元(下元・中元・上元)のうち、

旧暦の7月15日にあたる中元が、祖先の霊を供養する日とされていたことに由来します。

また、贈り物をお世話になった人へ贈るという風習は、江戸時代中期以降、

この中元の時期にお盆のお礼と日頃の感謝の気持ちを込めて親類や知人に

贈り物をするようになったことがその起源とされています。

このような特定の時期にお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をするという概念は、

今日におけるお中元の風習においてもほぼ変わりがなく、

時候の挨拶のひとつとして長年にわたり大切にされてきたことがわかります。

 

 

 

「お中元を贈る時期は?」

お中元は贈る時期が決まっているため、そのタイミングを逃さないよう、

いつまでに贈らなければならないのかは必ず把握しておかなければなりません。

お中元は大まかに夏に贈るものと認識されている方も多いかもしれませんが、

厳密には東日本が7月1日~15日、西日本が8月1日~15日までとされています。

地域によってこのような時期の違いが表れるのは、

元来、東日本は新暦、西日本が旧暦を基準としていたためであり、

マナーやしきたりを厳守してお中元を贈りたいのであれば、贈り先の地域も考慮する必要があります。

一方で、近年ではこのような地域ごとのお中元の時期の違いを考慮することは少なくなっており、

総じて7月中旬までに贈るのが一般的となっています。

また、この時期を過ぎてしまった場合、7月15日以降は「暑中お見舞い」、

8月7日の立秋以降は「残暑お見舞い」として贈り物をすればマナー上は特に問題はありません。

 

「お中元はどんな人に贈る?」

 

お中元を贈る相手は厳密に決められているわけではないため、離れて暮らしており、

直接感謝の気持ちを伝えることができない人に対して贈るものという大まかな認識をしていれば問題ありません。

そのため、具体的な贈る相手としては、両親、親戚、上司、学生時代の恩師などが考えられます。

また、お中元は感謝の気持ちを伝えるものであることから、

相手や自身が喪中であっても特に控える必要はありません。

ただし、近親者が亡くなってからあまり日が経っていない場合は時期をずらし、

暑中お見舞いや無地ののしをつけて贈るのがよいでしょう。

 

「お中元に迷ったらこれ!定番のギフト」

お中元として何を贈るべきか迷ったら、定番のギフト商品のなかから相手の家族構成などの条件に合ったものを探してみるのがおすすめです。続いては、特におすすめしたいお中元の定番ギフトをご紹介します。

 

・ビールやジュースなどの飲料
ビールやジュースなどの飲料は、複数の商品が詰め合わせになったギフト商品が数多く販売されており、選択肢も多いという点でおすすめです。子どもがいる家庭にはジュース、お酒好きな年配の方にはビールなど、相手の家族構成や好みに合った、相手がもらって嬉しいものを選ぶとよいでしょう。また、予算によっては、若干金額の高い希少なお酒などを贈るのもおすすめです。

 

・カタログギフト
百貨店やデパートが取り扱うカタログギフトは、相手の好みなどが分からず、お中元として何がいいか決めかねているという際などに最適です。また、最近ではネット通販サイトなどでもカタログギフトを取り扱うことが多くなっており、ジャンルがある程度限定されたものを贈ることも可能です。

 

・焼き菓子(クッキーなど)
食べ物を贈る際は、腐らないものを選ぶ必要があります。特にお菓子の中でもクッキーなどの洋菓子は、常温でも日持ちするため、発送時にクール便を利用する必要もなく、お中元としても最適です。

また、義実家やお世話になっている人へのギフトには、無添加でこだわりの素材を使用した美味しいお菓子が贈り物としても定番になっていることから、例えば「Selvice LifeDesign」の「無添加でこだわりの素材を使用した美味しいお菓子」などは喜んでもらえることが多く、また、相手の健康への気遣いも示すことができるため、自信を持って贈ることができます。

 

まとめ

ここではお中元として贈るギフトの選び方や注意点などに関して解説しました。

お中元はしきたりを守るのも大事ですが、

本来はお世話になった人へ御礼の気持ちを伝えることが大きな目的であるため、

そのことを重視して贈り物を選ぶのがおすすめです。

 

お中元におススメの商品はコチラ

中元一覧